夏休みがほしいだけ

夏休みがほしいだけ

ただの雑談です。

狭い道じゃないのにすれ違う時わざわざ自転車から降りるおばちゃん

 

アンタなんでそんなジーパンの裾折ってんの?

 

オシャレやん。
ジーパンの裾折るんがオシャレやから折ってんねん。

 

それの何がオシャレなんよ。

 

いや何となくやん。
説明しろ言われたら難しいけど。
センスの問題よ。

 

はぁ〜。
おばあちゃんには分からんわ。

 

まあそうやろな。

 

ほんでまたアンタ、今日えらい髪型爆発してるけど、どないしたんや?

 

いやこれもオシャレやん。
セットしてんねん。
オシャレでセットしてんねん。

 

それの何がオシャレなんよ。

 

いやそれ聞かれたら難しいけど。
何となくやん。
説明出来ひんねん。
センスの問題よ。

 

はぁ〜。
おばあちゃんには全然分からへんわ。

 

それ腹立つな。
別に分かってもらわんでもいいけど。

 

そんなんよりな、おばあちゃんのこのネックレス見てや。
オシャレやろ?

 

なんかめっちゃ付けてんな。
3つも付けてるやん。

 

これな、磁気が出て肩こりに効くらしいんよ。
そんでまたオシャレやし、付けたら付けるだけ効く思ってこんだけ付けてんのよ。

 

いやそんな重そうなん3つも付けたら余計に肩こるやろ。
磁気の効果より総重量による負担の方が上回ってるやろ。

 

そんなことないわ。
現におばあちゃん、これ付けてから肩軽なった気するもん。

 

絶対気のせいやわ。

 

えらい言うてきて。
もうアンタらぐらいの子が考えることが全然分からへんわ、おばあちゃんには。

 

まあそうやろな。

 

この前もな、アンタ。
おばあちゃんがスーパー行こう思って自転車漕いどったら、向こうから高校生2人組が来たんよ。
そしたらその子らが狭い道やのに横に広がって来るんよ。

 

ああ。
まあ高校生ぐらいの子らはやりがちやな。

 

で、その子らがすれ違うときも全然どかへんから、もうおばあちゃん怒って
「アンタら道譲りなさいよ!言われな分からんか!」
って言うたんよ。
そしたらその子らが
「うるさいババアやわ。」
なんて言うもんやから、もうおばあちゃん腹立って腹立って。

 

まあな。
そうなるわな。

 

悪いんアンタらやろって話よ。
嫌いやわあ、あのくらいの子ら。

 

でも逆にな、おばあちゃんぐらいの年齢の人で厚かましい人もおるで。

 

なによ、どういうことよ。

 

逆に全然狭くない道やのに、自転車乗ったおばちゃんとすれ違うとき、グラグラしながらすれ違うおばちゃんおんねん。
そんで全然危なくないのに「なんやこの子」みたいな顔で睨んできよるからな。
なんならわざわざ降りるおばちゃんとかおるからな。
降りるほどではないやろって思うわ。

 

それはアンタが道空けたらなあかんのちゃうの?

 

嘘やろ?
全然狭くないねんで?
もうこんぐらいの広さの道すらすれ違うテクニックないんやったら、乗るなっちゅう話やわ。

 

それはおばあちゃん、そのおばちゃんの味方やわ。

 

なんでやねん。
なんならスピード緩めたほうがグラつくからな。
降りようとせんほうがいいからな。

 

怖いねん、私らぐらいの年齢になったら。

 

あと自転車乗ってない普通のおばちゃんでもさ、普通モードのおばちゃんでもな。

 

なによ普通モードって。

 

普通に道歩いてるおばちゃんよ。
こう何となくみんなが左側通行みたいな感じになってる道を、全然気にせず右側歩いて道譲らんおばちゃんおるからな。
猪突猛進モードのおばちゃん。

 

そんな人おらんわ。

 

いやおんねんって。
もう向こうの方から
「私、絶対に道譲らんから。アンタが退きや。」
っていうギラギラした目してるおばちゃんおんのよ。
もうあっこまで行ったら怖いわ。
なんやあの絶対に譲らんという鋼鉄の意志は。

 

いやあ、おばあちゃんはアンタらぐらいの子の方がなってへん思うわ。

 

実際どっちもどっちやと思うで。
おれらも悪いときあるけどさ。

 

いや、絶対アンタらの方が悪いわ。

 

全然譲らへんやん。
こっち歩み寄ってんのに。