夏休みがほしいだけ

夏休みがほしいだけ

ただの雑談です。

こどもの日に何もしてもらってないから母の日も何もしない

今週のお題「母の日」

 

ちょっと花屋寄っていい?

 

え、どないしたん?
誰かにプレゼント?
彼女?
キザやな~。

 

いやいや今日母の日やん。
オカンによ。

 

え、母の日何かプレゼントしてんの?

 

するやろ。
もうええ年齢やし。
逆にせんの?

 

せんよ。

 

今までしたこともないん?

 

全然ない。
一回もないわ。

 

しろよ。
なんでせえへんねん。

 

だって、こどもの日になんもしてもらってへんもん*1

 

いや、理由子どもか!
もう成人してるやろ。
いつまで子どものつもりやねん。

 

オカンにとっておれは一生子どもやから。
そして、おれも何があっても一生オカンの子どもやから。

 

良さげなセリフをこんな場面で使うなよ。
もうちょい感動する場面で使えよ。
なにちょっとカッコつけてんねん。

 

え~、自分花とかプレゼントしてんねや。

 

おまえもオカンに花プレゼントしろって。
絶対喜ぶで。

 

いや、オカンにとってはおれが元気に生きていることが幸せやから。

 

それオカンサイドが言うもんやねん。
あんま息子サイドが自覚もちながら生きていくもんじゃないから。
さっきから息子としての謎の自覚が強すぎるな。

 

でもおれのオカン、花とかすぐ枯らすで。
おれが高校とかの卒業式でもらった花も、最初は活けとったけどすぐ水あげんようになるもん。
そもそもなんの花渡したらいいか分からんし。

 

そこはもう定番のやつがあるから。
赤いカーネーション贈ったらいいねん。

 

スイートピーじゃなくて?

 

それ聖子ちゃんやから。
オカン世代ドンピシャやから下手したら喜ぶかもしれんけど。

 

それはなんかカーネーションに母の日に関係ある花言葉があるってことなん?

 

そうやねん。
おれもそれが気になって調べてん。
そしたらカーネーションって色ごとに花言葉が違うらしくて、赤色のカーネーションは「母への愛」やねんって*2

 

そんなピンポイントに?
他の色は何なん?

 

それは関係ないから覚えてない。
もうどうでもいいから。

 

それはそれでなんか業務的やなあ。

 

いいねん。
渡すことが重要やから。
気持ちの問題やから。

 

え~、どうしよ。
カーネーション渡してもオカン絶対にすぐ枯らすしなあ。
もういっそサボテン贈るわ。
全然水あげんでもいいし。
これをおれやと思って大事に育ててもらうわ。

 

おまえめちゃくちゃ実家やん。
え、サボテンの花言葉は大丈夫なん?
地雷的な要素ないん?

 

地雷的な要素あることあんの?
調べるわ。
ええっと、サボテンの花言葉は・・・、「燃える心」とか「偉大」やって。
いいやん!オカンは偉大やん。

 

まあ自分がいいんやったらいいけど。

 

え~、でもこれなんて言って渡すん?
「母の日おめでとう。」はちゃうやん。

 

それは日ごろの感謝を込めて渡したらいいやろ。
「いつもありがとう。」とか。

 

めっちゃ恥ずかしいやん。
急にそれは恥ずかしいって。

 

それぐらい言えよ。
オカン喜ぶから。
こういうことをして大人になっていくねんって。

 

おれまだ子どもやし。

 

まだ言ってるやん。

 

頑張って渡すわ。

 

 

あとがき

note.com

 

*1:こどもの日の趣旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」といったものであり、本来、こどもの日も母親に感謝するべきなんですね。知らなかったです。

*2:赤いカーネーション花言葉、もともとは「哀れな心」だったようで(母の日と、カーネーションと 余談 - 信じてくれないかもしれないが……それでも書く(かませ犬) - カクヨム)。色々ありますな。